投稿

2019の投稿を表示しています

アーリーバードプラスプログラムが始まりました

イメージ
5月11日(土)からアーリーバードプラスプログラムが始まりました。このプログラムは最大6家族まで一緒にプログラムを受講することができます。募集を始めたところ、あっという間に9家族の申し込みがあり、急遽、2学期コースも開設することにして、先の1学期コースがスタートしたところです。

 このプログラムは、4歳~9歳前後の自閉症のお子さんをもつ家族と専門家を支援するプログラムで、自閉症の研究やサポートで世界のリーダー的役割を果たしている、英国自閉症協会によって作られたものです。(詳しくはTOMOはうすHPをご覧になって下さい)

 毎週土曜日×8回、その間に2回の家庭訪問、そして3か月後にフォローアップがあるという、なかなかの長丁場のプログラムです。

 1回目は、みなさん、ちょっぴり緊張の面持ちでしたが(実はスタッフ4人も始まる前はワクワクするやらドキドキするやら…でしたよ)、終わった後のアンケートには「分かり合える仲間ができて嬉しい!」という声も書かれていました。
 このプログラムは、最初こそ私たちスタッフが講義する内容も多いですが、グループで
お互いのお子さんのことを語り合ったり、事例について話し合ったりすることが、だんだん増えてくるので、仲間意識がつくられていくのでしょうね。

 1回目は、自閉症の感覚の過敏や鈍磨について、我が子のことを語り合う時間があったのですが「あるある!」とうなずくことも多く、和気あいあいとしたいい雰囲気でした。
氷山は海面から上に出ているのは10%、海面の下には90%もの巨大な氷の塊があります。この氷山モデルを使って、子どもたちの行動を分析していきます。「かみつく」「叩く」「すべてが受け身」など、一見困った行動(=海面から上の10%の部分)にも 実はいろいろな背景がある(=海面下の90%部分)、この背景を探っていくと(=探偵になると)、ちゃあんと支援策が見えてきます。  2回目では、この氷山モデルの使い方を練習しました。この時には、テキストに載っている事例について、「なぜ、こんなことになったんだろう」「どう支援したらいいだろう」ということについてグループで話し合ったのですが、どのグループもテキスト以上のいい支援策を見つけたのには、こちらもびっくり。「なるほど、その手があったか!」とみんなでいいアイディアを共有しあいました。  これからの私たち…

どんな仕事も楽しくなる3つの物語

イメージ
我が家の庭にもあやめがたくさん咲いています!

連休中に『どんな仕事も楽しくなる3つの物語』(福島正伸 きこ書房)を読みました。
ここで3人の方が紹介されています。その中のお一人を紹介しますね。

☆駐車場の管理人さん
 定年退職された後、近所の駐車場の管理人になったAさん。いつも笑顔で挨拶し、名前も知らないお客さんが雨の中、傘もささずに歩いていたら自分の傘を貸し、「満車」の貼り紙をした入り口に雨の日も風の日も立って「申し訳ありません。」と頭を下げる(そんなことをしなくても満車ということは分かるので、他の管理人さんは部屋の中で囲碁をしたり本を読んだり)そんな毎日送っていたそうです。そのAさんが、奥さんのご病気のためこの仕事をやめることになり、今日が仕事最終日という時、管理人室の前にはうずたかく積まれたお別れの品々が何列にもなったそうです。
「いつも傘を貸して下さってありがとう!」「重い荷物を持ってもらって助かりました。」「おじさんに、挨拶の大切さを教えていただきました。」そんな声に送られて職場をあとにされたそうです。

おじさんの最後の言葉は「私にできることは、挨拶することと、謝ることぐらいですから。他に何の取柄もありません…でも私はいつも、自分がやっている仕事を楽しみたい、そう思っているだけなんです…」

この本の著者、福島正伸さんは、こんなことを書かれています。引用しますね。

つまらない仕事はありません。仕事をつまらなくする考え方があるだけです。意味のない仕事はありません。意味のない仕事にしてしまう考え方があるだけです。

のーんびり、楽しく過ごした10連休。おなごり惜しいものの、明日からまた仕事が始まります。
明日は保育所訪問の日。先生方や子どもたちとのおしゃべりや彼らからの学びがとっても楽しみです。

MIM教材活用学習会に

イメージ

アーリーバードプラスプログラムのインフォメーションミーティングが終わりました

イメージ

健康カフェ とりごえ

イメージ
先日、もみの木病院の職員さんの案内で、高知市鳥越にある「健康カフェとりごえ」にお邪魔させていただきました。ここは医療法人恕泉会内田脳神経外科が作った建物で、2階には通所介護施設「あゆみ道場」が開設されています。
 木の力で自然治癒力を高める、という目的もあって県産材としっくいがたっぷり使われているこの建物は遠くからでも人目をひく、ほっとするような外観です。
玄関を入ってすぐの所にあるこのボルダリングに、心を一気にわしづかみにされてしまいました。「やってみたい!楽しそう!」子どもたちが嬉々として登っている姿が目に見えるようです。笑い声まで聞こえてきそう。
 ここは、誰が来てもOKな場所、デイサービスが終わった後は様々なマシンを誰でも使うことができるそうです。


各種教室・行事も盛りだくさんで、子ども食堂も月2回開かれています。
ふと、20年近く前にスウェーデンのストックホルムで、認知症の方たちがお住まいになっている集合住宅を見学させてもらったことを思い出しました。
 入居費無料というのにもびっくりしましたが、1階には素敵なレストラン(おいしくて地域の方々にも大人気)がありその隣では手芸教室、料理教室も開かれていて、入居者も地域の方も誰でも利用できるようになっているのに感激したことでした。

 この「健康カフェとりごえ」も、小さいお子さんから家庭に居場所を見つけづらい若者たち、そして年配の方々まで誰もが気軽に集まって来られる、 “施設とその周りの地域”といった垣根がないあったかくて素敵な「地域のコミュニティ」の場になっていました。

 『子どもの脳を傷つける親たち(NHK出版新書』の著者友田明美さんは、「マルトリートメント(不適切な養育)をする親たちも同じような境遇で育ってきている。これからは、共同子育て=とも育児を行っていこう。共同養育者が多いほど、子どもの脳の実行機能や情動に関わるネットワークが発達する可能性がある。」とLD学会でもおっしゃっていました。

 「健康カフェとりごえ」を見学させていただいて、私たちTOMOはうすも、発達障がいのお子さんたちを支援する「コミュニティ」の輪を広げていきたい、という思いを強くした春の一日でした。




「漢字は字体さえあっていれば、形が判別できればいいのです!」

イメージ
2月10日~11日に道村静江先生をお招きして「書かないで、唱えて覚える漢字学習・漢字指導法」講座を開催しました。
「漢字の仕組みを覚える」「唱えて覚える」「体で覚える」「漢字の成り立ちをクイズにして覚える」等々、楽しい覚え方が満載でした。

 伺う話、どれもこれも「へえー、そうなの?」と目から鱗の内容でしたが、特に道村先生の「国は学校の先生たちに強く言っています!字体(骨組み)さえ合っていれば、違う字に見えなければ全部正解なのだと!とめ、はね、はらいなどの先生たちがこだわる整った字形は、第二ステージの課題にすべきです。」という話には、私も含めてみなさんのメモ書きする手に力が入りました。

 このお話の論拠になるのが上記の書籍『常用漢字表の字体・字形に関する指針 文化審議会国語分科会報告 平成28年2月29日』(文化庁編 三省堂 2400円+税)です。
何だか難しいそうな書名ですが、第3章では字体・字形についての国の指針を「Q&A」形式でまとめていてわかりやすいです。その中から一部抜粋しますね。

Q21 漢字の正誤をどう判断するか(P78)   常用漢字表の考え方では、漢字が正しいか誤っているかを、どのように判断する   のですか?
A 骨組みが過不足なく読みとれ、その文字であると判別  できれば、誤りとはしません。  (前略)別の文字と見分けられなかったり、紛れてしまったりすることがなく、その   文字であると判別でき、その文字としての働きをするのであれば、誤りとはしない、   という考え方です。    ですから、漢字の細部のとめ、はね、はらいなどが、字体の違いに影響し、文字の   判別に関わってこないのであれば、その有無によって正誤を分けることはしません。   (後略)
これには ここれには、本当にびっくりでした。漢字指導の際には、とめ、はね、はらいを丁寧に教え、できていない時には「これは間違いだよ、」と書き直させたこともありました。でも 漢字が苦手な子どもたちは、図形を描くような筆順だったり、とめ、はね、はらいができてないことも多いので、いちいちそれを直していたら、漢字が嫌いになるよなあ、と片目をつぶっていたこともしばしばでした。  でも、このお話を伺って、びっくりするやら反省するやら…
道村先生のお話の神髄は「漢字は楽しい!」ということだったように思います。 漢字文化の面白さ、奥の深さ、…

「書かないで唱えて覚える漢字学習・漢字指導法」支援者向け講座が終わりました

イメージ
今日は、静岡県から道村静江先生をお招きして「書かないで唱えて覚える漢字学習・漢字指導法」支援者向け講座が開催されました。道村先生は、盲学校に勤務された時に、全盲の子どもたちが楽しく学べる漢字指導法を考案され、その後、小学校に勤務する中で、ひたすら書かせる漢字学習法に疑問をもち、『ミチムラ式漢字カード』を作成されました。
 初めて道村先生のお話を伺った時には、こんな指導法があったんだ!と「目から鱗」が一体いくつ落ちたことでしょう。道村先生をお招きしたのは今回で2回目ですが、やっぱりポロポロ、ポロポロ、鱗が落ちましたよ。今日は、その落ちた鱗を少しだけ紹介!

★やめましょう!書かせるだけのムダな作業は。
  ★子どもが楽しめないんじゃ意味がない!
  ★漢字を楽に覚える方法があるんです!
  ★3年生までが勝負、4年生以降は一気に楽になる
  ☆国は、学習指導要領は先生たちに強く言っています!
「字体(骨組み)さえ合っていれば、違う字に見えなければ
   全部正解なのだ」と!


  ≪参加者のみなさんのアンケートより≫こんな指導法があったんだと目からうろこでした。自分自身が研修を受けて「そうなんだ!」「なるほど」と思うことがたくさんありました。ぜひ子どもたちにも教えて漢字が苦手な子から、好きな子にかえてあげられたらなと思いました。今日は、参加して本当によかったです。私の受け持ちの子どもも、漢字を一画一画うつしていました。パーツで教えることは直感では考えていたのですが、実践には至りませんでした。来週からでも始めてみたいと思います。道村先生の子どもに楽しんでもらいたい!いかに子どもを楽しませ印象づけるか、ということを考えて実践される熱意を感じる研修でした。自分には楽しませるという視点が足りなかったなと反省しました。また「わかった!できた!」の喜びを与えることの大切さを改めて痛感しました。
    明日の保護者向け講座も楽しみす。