投稿

第3回オンライン学習会 みなさんの感想

イメージ
QRコードを作ってみよう  5月31日に第3回オンライン学習会を開催しました。今回も終了後、たくさんの方から 感想を寄せていただいて嬉しく読ませていただきました。その一部を紹介しますね。
☆①QRコードは、クラスだよりをパソコンで作る時に、保護者に伝えたいこと  がたくさんあり、A4の用紙にまとまりきれない時に、使ってみたいなと思いま  した。とても興味深かったです。②Keynoteのアプリは、今の時代だからこそ学べる学習方法だなと感動しまし た。
 ③おうちヨガは、前回に引き続き今回もとても癒されました。ヨガマットを 出さなくてもできるので、仕事の合間や家でのパソコン作業中にできるの で、毎日癒されたいと思います。④簡単ものづくりは、4・5歳児でも作れそうだったので、子ども達と作って楽 しみたいと思いました。
 ⑤久武先生の気持ちの温度計も、子ども同士で喧嘩した時や、気持ちが落ち着 かない時にできそうだなと思うので、実践してみたいなと思いました。 今回も、とても勉強になりました。ありがとうございました。
 Keynoteを使って、生徒たちがいきいき自己表現☆どの講座も素晴らしかったです。  ①QRコードの作り方。私は学年便りに付けても面白いのではないかと思   いました。そして作り方が意外と簡単であることを知りませんでした。  ②辻田先生の附属実践。子どもたちが熱心に画面を見ているシーンにほっこ   りきました。

第3回オンライン学習会へのお誘い

イメージ
3回目になったオンライン学習会。今回も内容はバラエティに富んで
いますよ。

1.日時:5月31日(日)9:00~10:15 2.準備物 ①ネットにつながるパソコン、タブレット、スマホ等のデバイス ②事前に「ZOOM Cloud Meetings」をインストールしておく。 3.内容 ①QRコードで遊んでみよう:水町淳・QRコードを作ってみよう
(リンク、テキスト表示) ・QRコードで連絡帳? ・QRコードで迷子札? ・QRコードでオリエンテーリング? ・QRコードで忘れ物対策 等
②タブレット端末のアプリKeynoteを活用した    楽しい自己表現活動の授業作り①:辻田亜子 「自他共に認めるアナログ人間!」の辻田先生の特別支援学校中・高等部
での実践。おっかなびっくりの先生とやる気満々の生徒たちがKeynoteを
使って意欲的に取り組んだ4年間の取り組みの中から「修学旅行」の実践
を紹介します。
③おうちヨガ       :橋本佐夜子 前回、このおうちヨガを学習会の真ん中に入れてみたら「リフ

第2回オンライン学習会、みなさんの感想

イメージ
5月17日(日)9:00~10:15まで、第2回オンライン学習会を行いました。
嬉しいことに参加者は1回目から言うと倍増し43名でした。終了後、たくさんの
みなさんから、感想を寄せていただきましたので、今日はその一部を紹介しますね。

【内訳】
☆保育士、幼稚園教諭:10名
☆保護者      :5名
☆病院関係者    :8名
☆学校関係     :20名

【みなさんの感想 一部紹介】

☆久武先生、今回の学習会もありがとうございました。
①水町さんの便利グッズは、ワイヤレスキーボードなど普段こんなのあったらいい  なと思っていても、どれを購入したらいいか分からなかったりで悩んでいたので、  すごく参考になりました。 ②森田さんのアプリは、便利なアプリがあるのだなと感動しました。
③お家ヨガは、日頃パソコン作業で目が疲れることが多いので、疲れたと思った時  に、すぐできるのがいいと思いました。心も落ち着くし、自分の手の温もりに癒  されました。普段から取り入れていきたいと思います。 ④田村先生の実践は、同じ保育士として、とても刺激をうけました。子どもの為に  毎日試行錯誤して、それが結果に繋がっているのがすごいですね。子どもの興味  のある物を準備したり、苦手なことを楽しく参加できるように考えているところ  が素敵でした。 ⑤久武先生のコグトレ、紙と鉛筆があったらできるトレーニングだし、こども達も  楽しみながらできる学習だと思います。今年は、年長児の担任なので、どんどん  取り入れていきたいし、もっとコグトレのこと知りたくなりました。学習会本当  にありがとうございました!

第2回オンライン学習会へのお誘い

イメージ
【第2回オンライン学習会】 【日時】5月17日(日)午前9:00~10:15 【参加費】無料  今後、オンライン学習会を2回/月、継続して行っていきます。現在、お試し期間中ですのでどなたでも参加費無料です。TOMOはうすの会員(年会費2000円)は1年を通して無料となります。試しに参加してみて、よかったらぜひ会員になって下さいね。詳しくは TOMOはうすのHPをご覧になって下さい。 【内容】 (1) あったら便利なグッズ紹介① :水町淳    充電式小型扇風機、ワイヤレスキーボード USBライト、USB充電器、      QRコード、電動工具 など   ~様々な分野に精通していて、お買い物大好きな水町さんが紹介してくれます。~
(2)読み書きが苦手な僕の学び方:森田薫 ~病院に勤務するSTの森田さんがASDのT君に出会ったのは彼が2年生の時。読み書きが    苦手で宿題に何時間もかかっていたT君に森田さんが紹介した2つのアプリ。それを駆使して    T君は素晴らしい夏休みの自由研究作品を完成させました~

(3)おうちヨガ:橋本佐夜子 ~ちょっと気分転換。座ったままでできるヨガ、一緒にやりましょう~
(4)グレーゾーンの男の子が歯医者に行けた:田村仁美   ~知的な遅れ、そして衝動性のある3歳児A君の担任が試行錯誤して行った視覚支援。    そのかいあってA君は今も歯医者に通い続けることができています。仁淀川町の    保育士さんの実践~
(5)コグトレ入門その①:久武夕希子 高知市内の小学校から「全校で取り組みたいから、コグトレの話をしてほしい」という依頼を受けました。コグトレ開発者の宮口先生に「私が紹介していいものでしょうか」と問い合わせをすると「宣伝していただけてありがたい。資料もご自由にお使い下さい」と快諾していただきました。    ということで、何回かに分けてシリーズで紹介していきますね。昨年11月30日にTOMOはうす主催で宮口先生をお招きし「コグトレ入門講座」を開催しましたが、そこで使われた資料も紹介します。

※①当日の録音、録画はご遠慮下さい。  ②8:30~入室できます。接続に自信のない方はお早めに入室して下さい。できる範囲でお手伝いします。9時以降はお手伝いできませんので、ご自分で対処をお願いします。  ③スタッフ以外は、映像も音も出ない設定にしますので、「お化粧してないけど…」「部屋がちらか…

第1回オンライン学習会 大成功!

イメージ
5月3日(日)9:00~11:00まで、第1回オンライン学習会を開催しました。
【内容】

健康的で文化的な暇つぶし:水町保育所での視覚支援   :梨岡今だからちょこっとアンガーコントロール:久武【参加者のみなさんの感想】
☆オキシトシンでまくったと思います。昨日遅くて、パジャマで参加しかも、  操作に戸惑い、時間もギリギリ!途中で母から電話があって、一旦中断。  色々あったけど、画面をポチッと押してはこうなるのか‥と学びながら、  楽しく学習させてもらいました。水町先生の資料には具体的に自分で後で  使うに当たって、リンク先等がたくさん書いてくださっていたので、あり  がたかったですし、知らない情報が多く具体的でした。  梨岡さんは、同じ保育者として、刺激を沢山もらいました。個別の支援に  私はこんなに力を入れている?と自己反省したり、私も頑張ろうと刺激を  もらいました。素晴らしい具体的な写真がありがたかったです。ただ、  画面が小さくて、拡大している間に次へ‥。という感じで(私の操作が  下手くそな事が、大きな原因ですが)資料を何枚かに分けてもらえると、  ありがたいです。  久武先生、アンガーコントロール、幸せホルモンの件、今子どもや、私た  ち大人に、一番必要な内容をありがとうございました。我が家はハグを日  常的にしていますが、最近、旦那がテレビを見て『お父さんのハッピーホ  ルモンを』とか『オキシトシン』と言う言葉を使って、嫌がる子供達と  ハグしたがっていました。久武先生の話で原因が解明していき、  楽しかったー!  とにかく、3人の講師の皆さん、本当にありがとうございました。
☆オンライン講座、短時間で内容がギュッと詰まっていてとても参考になりました。   ありがとうございました。   他の先生方の実践を見せていただくことで、素晴らしい!と思いましたし、参考に   やってみよう!というやる気もいただけました。また、久武先生のオキシトシンの   お話は、ヘェー!!と思うことの連続でした。オキシトシンの名前は何度か聞いた   ことがあったのですが、意識して生活したことはあまりなかったので、意識してみ   ようと思いました。
  こんな講座が無料で受けられてお得過ぎます。本当にありがとうございました。
  4月30日の夕方にともはうすさんの口座に会費2000円を振り込みました。5月1日入金   になっているかと思…

河内美恵先生の「ティーチャーズ・トレーニング2日間講座」②みなさんの感想

イメージ
たくさんの参加者のみなさんが2日間の感想を書いて下さいました。紹介させていただきますね。
 1.原点は【ほめる】こと
☆研修をして、今までの保育を振り返ると、流れ作業になっていたり、ほめることも1回程
 度で終わっていたなと改めて思いました。なので、「行動を3つにわける」を意識して、
 子どもたちができることが増えるようにしていきたいと思いました。
☆改めて、自分の中では当たり前となっていた子どもの行動も「好ましい行動」であった
 り、ほめるポイントがたくさんあったりすることに気づけました。今後の介入でも、ほ
 め方や伝え方を意識して行っていこうと思います。

2.医療と教育の連携がgood!
☆ユーモアのある話し方で楽しいひとときでした。療育の場から関わる内田脳神経外科や
 もみのき病院、すこやかな杜のみなさんと、学校現場の立場の者が一緒に研修を受ける
 ということが素晴らしいと感じました。
☆うなずくことが多くあり、これまでの自分が思っていたことがそれでいいんだと勇気づ
 けられました。たくさんの事例がとても分かりやすかったです。職場の方にも聞いても
 らいたいと思いました。今回のように教育と医療との連携は今後もやってほしいです。
 もみのき病院の方とも話してみたいです。

3.さまざまな分野で生かすことができそう!
☆仕事の中で子どもと接する機会は少ないですが、育成・指導・コミュニケーションの面
 でとても参考になったと思います。人のマイナス面しか見ていないこと、行動を見てい
 ないことに再度気がつき、相手を実況中継できるような見方をしたいと思いました。
☆詳しく発達障害について今まできちんとした講義等を受けたことがなかったので基礎の
 ことや事例をたくさん入れて話して下さり大変分かりやすかったです。発達障害の方に
 関わることが少ないですがティーチャーズ・トレーニングは家族や職場のスタッフにも
 十分活かすことができるなと改めて感じました。
☆障害児への対応だけでなく職場や子育てにも活かすことができると感じた。相手を理解
 することで自分の悩みや負担も軽減でき相手側との関係も良好になると感じた。
☆病院では高齢者の高次脳機能障害の方への関わり方やアプローチの中で参考になる部分
 がありました。


4.いろいろな仲間と、そして仲間から学ぶことが大切
☆学校の先生など違っ…

河内美恵先生の「ティーチャーズ・トレーニング2日間講座」 ①原点はこれ!

イメージ
1月12日~13日に、河内美恵先生をお招きして「ティーチャーズ・トレーニング2日間講座」を開催しました。
 河内先生が国家公務員になられたため、TOMOはうすのような民間団体はもうお招きできなくなりそうな状況の中、もみのき病院との共催ということで、今年度もこの講座を開催することができました。今回で5年連続となりました。

1.原点はこれ「行動を3つにわける」

このトレーニングは、支援者が子どもたちに対して肯定的なコミュニケーションを図っていくその方法を身につけていく、というものです。
 自分の行動は頭でわかっていてもなかなか変えられないので、本来は毎月1回×6~7回かけて身につけていくのですが、この2日間の講座はそのエッセンスを凝縮してしっかり理論も学ぼう、というもの。
 河内さんの講座は毎年大人気でリピーターが多いのが特徴です。なぜかって?
それはここで学んだことを、みなさん、職場に帰って実践し、今までとはまた違った(進化した)疑問が湧いてくるからです。
 でも何回学んでも原点はここ!「相手の行動を3つにわける」
行動を3つに分けるわけは、対処方法が違うから。
 5年連続でお話を聞いている私も、今回またまた新たな学びがありましたよ。それは…
「ジャスト、ナウ(just now)=まとめないで今のこの行動を1つ1つ分けて表現する」ということ。

 例えば「好ましくない行動」として「宿題をするのを嫌がっていつも文句を言う」と表現したとしましょう。でもこの「嫌がって」はどんな行動をしているのか映像が見えないし「いつも」にはその人の主観が入り込んでいる場合があります。「本当に毎回毎回文句を言ってるの?」と聞くと、そうでもなかったりすることって結構ありますものね。

→ジャストナウ=今、その瞬間の場面を切り取って表現すると
 「やりたくない、と言いながらもノートを出した」
これだと「やりたくない、と言いながら」→スルーして(聞き流して)
「ノートを出した」      →「もうノート出したね」とほめる

 このように1つの場面でも、いくつかの行動が入っていることが多くて、ほめそびれたり
気になる行動ばかりに注目して叱る回数が多くなったりしがちです。
 だからこそ、「ジャスト、ナウ(just now)=まとめないで今のこの行動を1つ1つ分けて表現する」この習慣をつけていきたいなあ、と思った…