投稿

松本先生の「MIM研修会」

イメージ
   2月14日は高知大学教授の松本秀彦先生をお迎えして「MIM研修会」を開催しました。  松本先生のお話は、しっかりした研究から出された具体的なデータが分かりやすくてすごい説得力!「ようし、頑張るぞ」と勇気がこんこんと湧いてきました。  私の前職場の同僚たちは「松本先生のあの緩さがいいんだよねえ」と松本先生が大好きでした。それは、本当に楽しそうにMIM教材のこと、子どもたちとのやりとりの様子等を語って下さるから。そこにMIM教材の素晴らしさやしんどい思いをしている子どもたちへの温かなまなざし・支援を垣間見たからではないでしょうか。  では参加者のみなさんから寄せられた感想を紹介しますね。   松本先生のわかりやすく整理された MIM の理論と実践に引きこまれました。 理論では、合理的配慮、異なるものを等しく扱う差別、違う方法で勉強することが大切、勉強したいんだという気持ちを大切にする、ヒントカードやサポートカードなどの安心材料をそろえる、音の認識、音韻性をまず育てる、 9 歳までの適切な教育などがとても心に残りました。 また、実践例では、かたまり読み、それぞれに用意して取るカルタ、やってみようトントンリズム、やってみよう あたまとり、しりとり、読み聞かせの紹介がなるほど!と思いました。 しりとりでも、「りんご」「ごのつくものはなあに?」「ゴリラ 」「 らのつくものはなあに」という、みんなで楽しみながらやる方法もとてもいいなあと思いました。 担当クラスの中学生男子生徒、読み書きが苦手で、でもとても上手くなりたいと思っている、でも心の垣根が高くてなかなか入り込めない生徒のことをずっと思い浮かべながら聞いていました。 iPad デジタル版、魅力です。 昨日図書の予算があるので、希望図書を出してくださいと事務から言われました。学校に以前買ったパッケージ版が一つあり、使用していますが、もう一つ希望しようと思いました。以前買った時は小学館に直接電話して取り寄せたのですが、その時、「個人では買えませんよ」と言われたので「学校です」と言うと「じゃあいいです」と送ってもらいました。 でも家庭で求めたい場合もあるよなあ、なぜ学校でないといけないのかな?と疑問に思ったことを思い出しました。 6 年前くらいの話です。今はそうではないかもしれませんが。久武先生の

2020年度のアーリーバードプラストレーニングが終了しました

イメージ
   2020年度のアーリーバードプラストレーニングが2月13日(土)に終了しました。 前半は、今まで学んできたことの復習を行いました。  ふだんのトレーニングは毎週毎週行いますが、この日は8セッションが終わり3ヶ月後のフォローアップということで久しぶりにみなさんにお会いしました。「わあ、お元気でしたか?お子さんも?」と、お顔を見るだけで嬉しい!やはり〈8セッション+2回の家庭訪問〉という密度濃いこのプログラムで、すっかり大切な仲間の輪ができたなあ、と実感するひとときでもありました。 【みなさんの感想 一部紹介】 ☆以前は、自閉症に対してネガティブなイメージだったが、彼らの考え方などが少  し分かるようになってからは、1つの個性としてすんなりと受け入れられた。  言葉の数をとにかく少なくする、単純明快に、を心がけるようになった。  アーリーバードで学んでから、なぞだらけだった息子の行動が少し理解できるよ  うになった。(保護者・父) ☆行動に理由があるということ、感覚過敏の強い特性など、なんとなく分かったり  感じたりしていたことが、よく分かりました。このプログラムを実施していけ   ば、親子も幸せになると思います。  子どもの行動には全て理由があるということ、探偵になって子どもの気持ちに寄  り添うことの大切さをしみじみ学びました。  「見通しが立たないから不安になる」ということを軽く考えていたように思いま  す。不安の原因を解決していく、語り合うことも大切だと、そうすることで行動  できるようになるということが分かりました。  家庭と支援者が一緒に参加するということが、すごく良かったと思います。チー  ム支援ができる一歩ですね。(支援者)  後半は、昨年度の受講生(先輩)の中から希望者が参加して大交流会。先輩たちが近況報告して下さいました。 ☆息子さんがギターが弾けるようになって、何と福山雅治さんから非売品のピックをいただ  いた。 ☆お子さんが自分の気持ちをうまく表現できないことをSTさんに相談し、STさんが分か   りやすくソーシャルストーリーを書き、友だちとの関わりで困った場面をコミック会話で  表現するように支援したところ、それを活用できるようになった。このことを学校にも伝  えると、学校でもこの方法で支援して下さるようになった。 ☆お子さんがYouTu

第13回オンライン学習会 みなさんの感想

イメージ
 今回は、遠くは岩手県、千葉県、静岡県の方も参加して下さって20名のみなさんと一緒に学習会を行いました。終わってから、たくさんの方から感想が寄せられたのですが、みなさん、発表者お一人お一人に対してコメントを丁寧に書いて下さって、読ませていただくと改めてまた学び直しができました。なんかラブレターのようで、心温まるメッセージでしたよ。参加者のみなさん、ありがとうございました。今日はその一部を紹介しますね。 ☆ 関東はとても冷たい週末でした。今までは全く雪がなく、静岡出身者としてはとても心 配 していた富士山が今朝は真っ白。ちょっと安心しました。 その寒い寒い日曜日の朝、久し振りに参加した学習会が何だかとても新鮮で、心をほっこり暖めて頂きました。 ①「あると便利な防災関連グッズのお話」(水町T)  突然の確認ですが、発表者の水町先生って学校の先生なのですか?何故こんなにいろんなことをご存知なのですか? カッター、はさみ、サバイバルナイフ、今まであまり考えずに購入していました。でもおっしゃる通り、自分がその道具で何をしたいのか、何をするのか、よく考えなくては、時間もスペースもお金も無駄になりますね。それから、購入したものを手入れしながら大事に長く使うスタンスは、使い捨て時代を超えて生きて行く世代となる私たちにはとても大切になって来るなぁと思いました。次回は3つ、どれも知りたいけれど敢えて順番を付けるなら「火」です。被災した時の「火」の扱いがどんなものか、イメージすらありませんが…。 学習会の講義のため、この資料を作成するだけでもすごい労力を割いてくださっていることでしょう。毎回ありがとうございます。 ②「発達凸凹の子どもたちも楽しむ園行事」( 梨岡T) はじめまして。お声をお聞きする限り、随分お若いように思いました。その梨岡先生が、発表会に向けてこんなに入念に計画なさっていらっしゃることに驚きました。クラスのお友だちがさぞ楽しく発表会当日を迎えられたことでしょう。私事になりますが、孫が保育園で初めての運動会が近付いた頃、帰宅するとその日に練習して出来るようになった部分や踊れるようになったダンスを、毎日家族に見せてくれていることを聞きました。子どもなりに昨日までは出来なかったことが出来るようになった喜びを表現していたのだと思います。保育者はややもすると「保護者の方

第11回オンライン学習会、みなさんの感想

イメージ
  第11回オンライン学習会が終わりました。今回は寄せられた感想は少なかったですが、みなさんにとても喜んでいただけているようで、主催する方も励みになります。 【寄せられた感想】 ☆ 学習会は短い時間ながらいろいろな情報が得られて、お得感がすごくあります。何と言ってもそれ学校でやってみたい!と思え、やる気がいただけることが何より有難いです。買いたい物や本などがいろいろできてしまうことだけが、困ることでしょうか?!←実際はあんまり困ってないです。  今回は冬のものづくり、絶対やってみる!と思っております。太田先生の講演会は、実際の講演会も参加させていただきました。が、今日の学習会の方が絵が付いていてずっと分かりやすかったですし、グッズを具体的に紹介していただけ有難かったです。 そして、中ごろにあるヨガタイムが短時間なのに、スッキリするのです。  資料をいただけるのも助かりますが、チャットでその他の情報もいろいろ出していただけ、すぐに  ネットで見られることが有難いです。ありがとうございました。 次回12回オンライン学習会は、今年最後の学習会となります。興味のある方、ぜひご参加下さいね。 ★12月13日(日)9:00~10:15 ★内容  ①あると便利な防災グッズⅡ:水町淳  ②音楽の鑑賞の時間もiPadアプリ「Key note」を使うとこんなに楽しい!(仮題)                                    :富田麻子  ③発達障害があるお子さんへの病院でのトレーニング風景、                      作業療法士さんの実践(仮題):福田裕美子  ④みんなで共同子育て!   「高知市民の大学」で2日間に渡って講演予定の内容を紹介:久武夕希子

太田篤志先生感覚統合講習会みなさんの感想

イメージ
 10月18日に太田篤志先生 ( 姫路獨協大学客員教授、 株式会社アニマシオン プレイジム 代表 ) をお迎えして、「感覚統合講習会」を行いました。  昨年度は太田先生に高知においでていただいて、実際にいろいろな道具を使って「感覚とは?」ということを一緒に遊びながら体験し、楽しく学ぶことができ参加者のみなさんに大好評でした。  今年度は残念ながらオンラインでの講習となってしまいましたが、 『イラスト版発達障害児の楽しくできる感覚統合』(太田篤志著 合同出版) のテキストを使いながら、テキストにも載っていない事例も交えての2時間があっという間に過ぎてしまった楽しい学びとなりました。今回のお話は 「強要するのではなくて誘惑する!」 が キーワード だったなあ、と振り返ってつくづく思います。 ☆子どもが楽しむ気持ちを第一に! ☆子どもの好きなことからはじめてみる ☆ほどよいチャレンジを大切に ☆手伝いすぎないこと 「子どもたちと一緒に遊びを楽しんできたかなあ」「この子のためだから、と苦手な感覚に対して無理強いしたこともあった」「時間がないから、とおしきせの遊びを提供したことも多々あった」「子どもたちの遊びの企画力を育てる、という意識は持ててなかった」と反省することしきりでした。でも、 日常生活のいろいろな場面、機会が感覚統合を促していくことができるんだ、という確かな手ごたえを感じ、子どもたちとの生活の中で、あれもやりたいこれもやりたい、が見えてきた わくわくする講習会でした。すっかり太田先生のお話に 誘惑されました! 【職場のみなさんと一緒に参加された放課後等デイサービスからの感想】 ○意識すれば、日常的にできる遊びがたくさんあると思った。 ○いかに、前職場で発達障がいを持つ子供たちに気づかないで、無理にやらせていたかが分かった。食事は、けっこう無理をさせていたなぁ・・・ ○今の遊びに、感覚統合の理論がついてくれば、自信を持って支援することができるし、説明もできると思った。 ○現代は、公園や外等で禁止事項が多く、自分の子供の頃の遊びが、できなくなっている。大人の便利さ追求で、子供の感覚が育てにくくもなっている。もっと不便を体験させてもいいのではないか。(トイレも勝手に流れる、鉛筆削りも電動・・・) そして、日常生活の中で発達するので、色々な体験を大切にして

第9回オンライン学習会のみなさんの感想

イメージ
9月13日(土)に第9回オンライン学習会を開催しました。 ①知っているようで知らないPowerPointの便利な小技 ②発達凸凹の子どもたちと楽しい保育 ③お家ヨガ ④ 重複障害児の「やりたい」思いを引き出す実践発表 ⑤MIM教材Ⅱ評価の仕方 バラエティーに富んだ1時間15分でした。いろいろな職場からの実践発表でしたが、どれも子どもたちの 「自信と意欲」 を一番大切にしている報告で、参加者のみなさんからもたくさん「感動した!」という感想が寄せられましたよ。 まずは実践発表して下さった方からの感想です。 ☆発表者の特別支援学校の先生より 水町先生がアセスメントについてチャットに書いてくださっていました。私もアセスメントの大切さを痛感する日々です。今日発表した子は、今年度も担任し、4年連続持ち上がりで今年度中1です。4年目の私の一番の目標は、正確な実態把握だと思いました。実態が正確に把握できていないと、目標・方法(指導や支援)も曖昧になったり方向性を間違えたりする失敗を繰り返してきたからです。今日の発表の裏には、数えきれない失敗があります。失敗→改善→失敗→改善の連続でした。その中で、伸びていった彼の成長の一端を紹介させていただきました。  こうした実態把握の大切さや、子どもと向き合うことの原点を、大学生の頃高知で先生方が教えてくださいました。(高知が大好きなので、参加者の方が高知出身が多かったり、高知弁を聞けたりするととても嬉しく思いました。)その高知の大学で久武先生や辻田先生の元で、初めて障害児と向き合う実習をさせていただいた時のことが今も鮮明に思い出されます。久武先生や辻田先生は、あの時と変わらず今も日々子どもと向き合い、挑戦され、学び続けておられる後ろ姿に多くを学んでいます。  私は小学校教師も経験しましたが、ライフワークとして特別支援学校の道を歩んでいこうと決めました。重度重複障害者の生活は、あまり広まっていないと思われます。校内だけでなく、可能な範囲で校外にも発信し、重複障害児童・生徒の日常を知っていただく役目もあると思っていました。そんな中で発表の機会をいただき、本当に感謝しています。重度重複障害者の理解が社会にも少しずつ広まっていってもらえたらと思います。発表を聞いてくださり、ありがとうございました。 ☆発表者の保育士さんより   今日はありがとうござい

第7回オンライン学習会 みなさんの感想

イメージ
  7月19日(日)に第7回オンライン学習会が開催されました。終了後、毎回、参加者のみなさんから丁寧な詳しい感想が寄せられ、すぐシェアしあうのですが、これがまたいい復習になっています。今回は、WISC-Ⅳ等の発達検査からわかることについての報告があったのですが、これについては学習会後半の質疑コーナーでもたくさん意見が出され、みなさんの関心の高さが伺えました。  そこで、その続編として第8回オンライン学習会(8月23日)でも「WISC-Ⅳ検査結果の解釈の仕方とそれに基く支援方法」についてコーナーを設けて、みんなで学び合います。 こう、ご期待! 【みなさんの感想】 ☆第 7 回オンライン学習会、ありがとうございました。 ・水町先生のスピーカーの話、面白かったです。アンプとスピーカーの関係、ハウリングの話、そうなのか!とためになりました。スピーカーにもいろいろあって、意外と安価で、ミニのスピーカー、欲しいなあとも思いました。あれから新聞に入ってくる電気屋のチラシでパソコンやスピーカーを見ている自分に気づき、水町先生の毎回の講座のおかげと思いました。 ・嶋崎さんのウィスク検査の講座、わかりやすかったです。検査者の立場、保護者の立場の両方からの観点が話題になったのも勉強になりました。 ・松岡先生のはがき新聞、もともと関心がありました。それだけに具体的な実践内容が聞けてよかったです。不登校気味の子どもさんの変化もいいなあと思いました。 ・久武先生の応用行動分析。 今、担当している生徒の支援で悩んでいることがあり、まさにタイムリーなお話でした。特に行動は、逃避行動と要求行動に分かれ、要求行動も要求行動と自己刺激行動と注意喚起行動に分かれるということが、自分の支援のあり方を整理し、見つめ直すことにつながりました。  上記のはがき新聞は、発表者の松岡さんが作られたもの。不登校気味のお子さんに 送り続けたら、時々返信があり、今年度になると学校へ行けるようになったという嬉し いはがき新聞が届いたそうですよ。誰にも負担なく取り組めるところが素敵ですね💖