投稿

11月, 2019の投稿を表示しています

MIM教材の出前研修いたします!

イメージ
【MIM教材】
MIM教材は全てこのパッケージの中に入っています。パッケージ、というだけあって
①指導方法 ②指導内容(教材) ③評価  この3つ全てが入っている優れものです。
付属のCDには、たくさんの資料(プリント、カード、ルール説明、データ入力等)がコンパクトにまとまっています。
 お値段も約2万円と手ごろなので、年度途中でも学校の予算をやりくりして購入、というところもあれば、どこの学校に転勤しても使いたいので自分で買う、という先生もおいでます。

 ただ難点なのは、このたくさんの資料を限られた時間の中でどう使うか、です。結局、買ったものの使われずじまいで学校のどこかに眠っている、という話もよく伺います。
そこで、「MIMの研修をお願いしたい」という依頼を受けると、以下の3点セットで説明と模擬授業をして参加者のみなさんにMIM体験をしてもらっています。

  【MIMの研修】約1.5時間~2時間
①MIM教材の概要説明
②長者小学校での具体的取組み
全校で取り組んで今年で5年目ですが、その中でも学力に困難さを抱えていた児童3名
 に焦点をあてて、彼らの学力や学習に対する意欲、自信がどう伸びていったか、また隙
 間時間を使ってどのように活用していったか等を紹介します。
③MIM教材導入第1時間目の模擬授業
 参加者のみなさんに1年生になってもらって、1時間目の授業を行います。実際の授
 業の進め方に加えてこのパッケージに入っている教材の紹介も行います。
 授業のしめくくりは、言葉に関するゲームの数々。とーっても楽しいですが、その中身
 は「音韻操作」だったり「語彙を増やす」ことだったり、奥が深い!大盛り上がりで研
 修は終了です。

【おまけ】
ここまで読んで下さった方にプレゼント!長者小学校で取り組んで見えてきた課題とそれを補う方法を紹介しますね。それは「教材の見える化」です。CDにあまりにコンパクトにまとまっているため、結局中身を見ることなく(いちいちフォルダをクリックして内容を確認するのは時間がかかります)そのまま封印、というケースが多いようです。

私は、職員みんながよく使う印刷室の本棚の1段だけもらって、ここに教材を見える化しました。また誰でも使えるように「MIM教材ハンドブック」を作り、全員に配布、そしてこの本棚に置きました。

 このMIM教材は、隙間時間(1回10~15…

ティーチャーズ・トレーニング1学期コースみなさんの修了式①

イメージ
ティーチャーズ・トレーニング1学期コースのみなさんの修了式が、10月27日に行われました。1回目がスタートしたのが5月でしたから約半年をかけて全6回を11名の仲間と一緒に学んできました。
 最後の宿題は「いろいろな指示の出し方」でした。
トレーニングで練習するロールプレイは基本形なのでシンプル。でも実際の現場では基本形通りの場面というのはあまりありませんよね。でも参加者のみなさんは、「この指示がだめだったら、次はこの方法で…」と、これまで学んだことを総動員して子どもたちに向き合っていました。

 ①予告する ②選択させる ③子どもたち同士の力の協力を得る 
 ④「~したら~できる」という取り決め  などなど

 その臨機応変な対応ぶりに、みんな驚くやら感動するやら。トレーニングを担当している私たちも学ぶことがいっぱい。
 まさしく「教えてほめる!」がみなさん自然にふるまいながらできるようになっています。こんな楽しくて素敵な仲間とのお別れがちょっぴり寂しくなった修了式でした。
【トレーニング実施前と実施後の困り感】 実施前6.2  → 実施後3.4
参加者のみなさんの困り感も随分減り、私たちもとっても嬉しいです。
次回ブログでは、みなさんの終了後アンケートを紹介しますね。