大盛り上がり「みやもっち体育入門講座」①春野高校生の発表


みやもっち先生こと宮本忠男先生


【前半】①春野高校生による発表「みやもっち体育に出会い学んだこと」


 お休みの日にも関わらず、生活クリエイト系列の3年生7名と先生1名が、総合的な学習の時間における取り組みを紹介して下さいました。
 昨年度の先輩がみやもっち先生から学んだことを引き継いで、文献調査・実践、それから学んだことをまとめての発表でした。
 特に、保育所や幼稚園で実際にみやもっち先生と一緒にこどもたちや保護者と運動遊びを実践した取り組みは、反省点も含めてたくさんの学びがあったそうで、次世代を担う彼らの一生懸命学ぶ姿勢にとても感動しました。
 彼らは、将来、保育や教育の仕事を目指す人も多いとか。みやもっち先生を介して、共に学ぶ若い仲間ができたようで、嬉しい1日となりました。
高校生が「みやもっち体育に出会い学んだこと」のまとめを、引用させていただきますね。
【まとめ】
・できた時は笑顔でほめ、できない時は手本をみせる
  →やる気を引き出す
  →こどもの発育の状況や心の状態を理解した上で、適切な遊びを提供
・家庭内にある簡単な道具を用い、子どもの豊かな感性やアイディアをいかす
・子どもに楽しんで遊んでもらうには、まずは自分が楽しむ



 

コメント

このブログの人気の投稿

アーリーバードプラスプログラム

まめの木クリニックの河内美恵さんをお迎えして「ティーチャーズ・トレーニング講座」開催