第13回オンライン学習会 みなさんの感想


 今回は、遠くは岩手県、千葉県、静岡県の方も参加して下さって20名のみなさんと一緒に学習会を行いました。終わってから、たくさんの方から感想が寄せられたのですが、みなさん、発表者お一人お一人に対してコメントを丁寧に書いて下さって、読ませていただくと改めてまた学び直しができました。なんかラブレターのようで、心温まるメッセージでしたよ。参加者のみなさん、ありがとうございました。今日はその一部を紹介しますね。

関東はとても冷たい週末でした。今までは全く雪がなく、静岡出身者としてはとても心していた富士山が今朝は真っ白。ちょっと安心しました。その寒い寒い日曜日の朝、久し振りに参加した学習会が何だかとても新鮮で、心をほっこり暖めて頂きました。

①「あると便利な防災関連グッズのお話」(水町T)

 突然の確認ですが、発表者の水町先生って学校の先生なのですか?何故こんなにいろんなことをご存知なのですか?カッター、はさみ、サバイバルナイフ、今まであまり考えずに購入していました。でもおっしゃる通り、自分がその道具で何をしたいのか、何をするのか、よく考えなくては、時間もスペースもお金も無駄になりますね。それから、購入したものを手入れしながら大事に長く使うスタンスは、使い捨て時代を超えて生きて行く世代となる私たちにはとても大切になって来るなぁと思いました。次回は3つ、どれも知りたいけれど敢えて順番を付けるなら「火」です。被災した時の「火」の扱いがどんなものか、イメージすらありませんが…。学習会の講義のため、この資料を作成するだけでもすごい労力を割いてくださっていることでしょう。毎回ありがとうございます。

②「発達凸凹の子どもたちも楽しむ園行事」(梨岡T)

はじめまして。お声をお聞きする限り、随分お若いように思いました。その梨岡先生が、発表会に向けてこんなに入念に計画なさっていらっしゃることに驚きました。クラスのお友だちがさぞ楽しく発表会当日を迎えられたことでしょう。私事になりますが、孫が保育園で初めての運動会が近付いた頃、帰宅するとその日に練習して出来るようになった部分や踊れるようになったダンスを、毎日家族に見せてくれていることを聞きました。子どもなりに昨日までは出来なかったことが出来るようになった喜びを表現していたのだと思います。保育者はややもすると「保護者の方に『見せるのだから』」ということにばかり気持ちが向いてしまいます。大人のそんな思惑とは無関係に、子どもたちは「どんどん成長している自分」を噛み締めているのですね。発表会のご様子も見たかったけど、見なくてものびのび発表しているお友だちが目に浮かびました。



③「お家ヨガ」(橋本T)

待ってました!教えて頂くと、「え?こんなに簡単な動きなのにどうしてこんなに効くの?!」と毎回驚き。きっと先生の間合いと穏やかなお声でリラックス出来るのですねぇ。普段の生活に何故もっと取り入れないの?と、トホホな自分に「喝!」。

④「みやもっち体育の魅力を分析してみた」(久武)

私は久し振りの学習会参加でした。だからみやもっち先生には「はじめまして」です。最近「小5の女の子を見たらOLと思いましょう。小5の男の子を見たらカブト虫と思いましょう。」という文に膝を叩いて納得したばかり。当然だけど保育園でもそうなんだなーと、笑いっぱなしの動画でした。いやー、楽しい動画!驚いたのは、トラブルが発生した時女性の先生方もスルーしていたこと。これはみやもっち先生とすり合わせが出来ていたのですか?保育の現場から離れていると、現場で大人の介入や言葉掛けが多すぎることに気付きます。でももしかしたら、子どもたちにとってそれは騒音や雑音になっているのかも知れません。保育の現場から距離を置いているから言えるのですが…。「しまおに(?)」という遊びですか?高知の伝承遊びになるのですか?とても似ている「たんぼ道」という遊びが、私の出身地・静岡でありました。今思うと、集団の中の年齢の低いお友だちやハンディのあるお友だちは「アメンボ」と言ってアメンボだけが入れる島があったり、異年齢で誰もが楽しく遊べる隠し技がありました。思い出すたび「小さな子を侮ってはいけない」と思います。現在住んでいる横浜では、もうこういった伝承遊びは絶滅危惧種ではないかと思います。久武先生がみやもっち先生の言葉掛けを絶賛なさっていましたが、ホント、その言葉掛けも全然上から目線ではなくて、私が聞いていても何故か笑えて来ちゃう物でした。真似させてください、是非!

「ほめるを考える」(久武)

子どもの育ちを支える仕事、本当に深いものだと改めて思いました。保育者のどの行為もそれだけを切り取って成り立つものではなく、保育者の生活が丸ごと子どもへの態度に反映されてしまうのですね。ちょっとオソロシイ気持ちまでしてしまいました。でも、だからといって計算した言葉掛けは子どもたちに直ぐ見抜かれてしまいますよね。そのバランスはどのように取ったら良いのでしょうか?その辺り、学習会に参加なさっている先生方はどうなさっていらっしゃるか、機会があったら教えて頂きたいと思います。繰り返しになりますが、久し振りの学習会、私にはインパクトがあり過ぎでした。「私は、今の私の場所でまた頑張って行こう!」という気持ちになれました。講師の先生方、どうもありがとうございました。


コメント

このブログの人気の投稿

キハラリーディングトラッカーを試してみました

第6回オンライン学習会、みなさんの感想

第7回オンライン学習会 みなさんの感想