イギリスに行ってきます。

                    ハリーポッターの映画に出てくるキングスクロスの駅

 10月に、TOMOはうすのメンバー4人でイギリス自閉症協会(NAS)に行ってきます。NASが2003年に開発した「アーリーバードプラス」プログラムのライセンスを取得するためです。
 「アーリーバードプラス」プログラムとは、自閉症の診断を受けたお子さん(4歳~8歳)の保護者と私たちが一緒に訓練し、情報を共有して、チームとして一緒に計画を立てて、お子さんに家庭と幼保学校との一貫したアプローチを提供していくものです。
 東京まめの木クリニックの河内美恵さん(今年から国立障害者リハビリテーションセンター勤務)に勧められて、重い腰をあげて(なにせ私を筆頭に4人中3人が英語がさっぱりなので…)行くことになりました。

 昨日は、4人が集まって最後の打ち合わせ会でした。渡英のための手続きがほぼ終わり、「荷物はどれぐらいにする?」「ロンドン観光はどこにする?」と楽しいひと時を過ごしました。ちなみに上の写真は、宿泊予定のホテルの近くにあるキングスクロス駅。「ハリーポッター」の中に出てくる、ホグワーツ行きの列車が通る9 3/4プラットホーム。あー、ここで写真を撮りたい!

 でもでも何といってもメインは研修。以下のアプローチを中心にしたプログラムなので
事前に復習しましたが、出発までにもっと勉強しとかなきゃ。きゃー、覚えた先から忘れていく!
①TEACCH
②PECS
③Social Stories
 等

 たくさんの幼保小中学校等の実態を見聞きするにつけ、早い時期からの適切な支援がどれだけ大切か、その支援の有無がお子さんの一生を左右する、とつくづく思います。
 行くにあたって、河内さんやまめの木クリニックの森田さん他のみなさんに大変お世話になりました。この応援にこたえられるよう、しっかり学んできて、少しでも困っているみなさんのお役に立ちたいと張り切っています。

コメント

このブログの人気の投稿

まめの木クリニックの河内美恵さんをお迎えして「ティーチャーズ・トレーニング講座」開催

大崎保育所でのペアレント・トレーニング終了しました。